アイクリームに関する基礎知識

このカテゴリーではアイクリームに含まれる成分と得られる効果、正しい使い方(塗り方)など基本的な知識について一つずつ解説していきます。また、くまやしわ、くすみ、たるみなどの原因など、知っておけば化粧品以外でもできるアイケアのヒントなどもまとめました。

 

その他にもマッサージやメイク、食生活で美しい目元を作るテクニックや、美容外科によるアンチエイジングなど少し応用的な話もあります。アイクリームを使わないでも「美しいは作れる」ことも覚えておきましょう。

 

アイクリームに関する基礎知識記事一覧

アイクリームには美肌や血行促進、美白、保湿、抗酸化など様々な効果があります。また正しく使うことで、しわやたるみ、くまに大きな改善が見られ、エイジングケア効果も期待できます。しかし、むくみや二重など勘違いしやすい効果もあるので注意が必要です。
アイクリームの正しい使い方を順番に紹介します。目の周りは顔の中で最も皮膚が薄い部位なので、傷をつけない塗り方のコツは綿棒を用いることです。
アイクリームとはどういうものなのか。成分とその効果、正しい使い方などを解説します。
アイクリームを使い始めるタイミングは早ければ早いほど効果的です。理想は20代後半とされていますが、目元にトラブルがあらわれた時点ですぐに使い始めましょう。軽症であれば高価な成分は必要ないため、症状のレベルに合ったアイクリームを選びましょう。
身近なものをアイクリームの代わりに使うことは可能です。ただし、あくまで水分の蒸発を防ぐことが目的となります。保湿以外の美容効果を求める場合、代用品だけで補うことはできません。手軽に使用できる分、注意すべき点も理解して上手に活用してください。
しわ・たるみ・クマといった目元トラブルは、加齢とともにあらわれやすくなります。しかし老化現象だからとあきらめてしまうのは大変危険な行為、放置することは悪循環にしかなりません。それぞれの症状に効果的な成分を見極めてアイクリームを選んでください。
「保湿」という点ではアイクリームも保湿クリームも同じですが、アイクリームに含まれる水と油の比率は皮脂に近いものです。配合成分に注意すればどちらを使っても構いませんが、アイクリームは目元のお手入れに慣れていない人でも使いやすいのが特徴です。