アイクリームで期待できる効果と有効成分、勘違いしやすい効果

アイクリームの効果

 

最近目のたるみやクマ、しわが気になってきたと思うことはありませんか?乾燥する季節や加齢とともに「アイクリームを使ってみよう!」と思う機会が増えてくるはずです。目元専用のアイクリームは、基礎化粧品の中でもニッチな存在です。若い時はその存在すら知らない人も多く、アイクリームの効果を知っている人はあまり多くはありません。

 

一般的にアイクリームはエイジングケア用として販売されることが多いですが、アイクリームの効果はそれだけではありません。配合成分によって多様な使い方ができるため、本来は若い世代も利用すべきなのです。

 

今回は初めてアイクリームを使う人の「アイクリームって本当に効果があるの?ないんじゃない?」などの疑問や不安を解消してみせます!アイクリームでどのような美容効果が得られるのか、詳しくお話していきましょう。

 

 

アイクリームで期待できる効果の概要

まず概要から簡潔に説明すると、アイクリームを使うことでたるみやしわ、小じわがなくなりピンッとハリのある目元になります。乾燥している時は保湿効果もあるんです。

 

そして、クマが目立たなくなりふっくらした印象になるのでメイクのモチやノリが以前より抜群に!人それぞれですが、ほうれい線に塗っても目立たなくることが多いです。顔全体が明るい印象になるのは若返る効果もあっていいですね♪

 

就寝前に塗り翌朝起きてみると「あれ?いつもより目がぱっちりしてる!」といったような感じで効果が感じられます!たるみやしわなどは大抵2週間から1カ月ほどで目立たなくなる人が多いです。

 

 

目元を明るくする

目を酷使すると、目のまわりの筋肉が硬くなり血流が滞ります。血行不良はクマやドライアイを招き、目の下だけでなく表情全体をどんより曇らせます。最近はパソコンやスマホが普及したため、10代でもクマに悩まされる人が多いそうです。

 

またシミや色素沈着で目元がくすむケースもあります。加齢・摩擦・炎症などさまざまな原因が考えられますが、いずれも紫外線によるメラニン生成が影響しています。

 

血流の改善

血行不良が原因でクマができている場合は、血の流れを良くする成分が入っているものが効果的です。

イチョウエキス

毛細血管を強化する「フラボノイド」が含まれています。抗酸化作用にも優れているため、サプリメントにも用いられている成分です。

 

ビタミンK

赤ら顔やニキビ跡にも有効です。アメリカでは手術後の傷を目立たなくするために使われていたそうです。

 

タミンE誘導体(トコフェロール)

血管を拡張させる働きがあります。「若返りのビタミン」とも呼ばれており、老化の原因となる活性酸素も除去します。

 

美白

ターンオーバーの周期を整えることが、シミや色素沈着を改善する近道です。新陳代謝を高めることで、メラニン色素をスムーズに排除しましょう。

 

ビタミンC誘導体

抗酸化作用が高く、メラニンの生成を抑制します。さらに肌の代謝を促進させて、すでに定着した色素を還元することも可能です。

 

プラセンタ

こちらもメラニンの働きを抑制しながら還元します。細胞分裂を促す作用により色素を排出しやすくします。

 

トラネキサム酸

美容クリニックでは、シミや肝斑の治療に使われている美白成分です。ターンオーバー促進作用がある成分と一緒に使うと、さらに効き目があります。

 

 

乾燥から守る

皮脂と水分の分泌量が少ない目元は、顔の中でもとくに乾燥する部分です。表情のクセも相まって、目じりや目の下にしわができやすくなります。一度できてしまったしわは容易には消えません。しわに限らずあらゆる肌トラブルを生み出すため、乾燥させないことが美肌づくりの第一歩なのです。

 

保湿

しわ対策の基本は保湿です。これ以上しわをつくらせないためにも、保湿成分を取りいれて目元のうるおいをキープしましょう。

 

エラスチン

水分を抱え込む性質をもつ成分です。皮膚に塗っても真皮層のエラスチンは増えませんが、表皮の水分をしっかり保つことができます。

 

プロテオグリカン

糖とタンパク質が結合した「糖たんぱく質」の一種で、優れた保水効果をもちます。肌の保湿力がアップするので、乾燥が引き起す負のループを断ち切ります。

 

グリコシルトレハロース

保湿成分として、さまざまな化粧品に配合されています。角質の水分を保つ効果が高く、肌のバリア機能をサポートします。

 

 

弾力を取り戻す

加齢により目元の筋肉が衰えると、皮膚や脂肪を支えることができなくなります。表皮の弾力が失われ、まぶたや目の下のたるみが目立つようになります。また紫外線を浴びると、肌の弾力をつくるコラーゲンがダメージを受けます。筋力の低下と紫外線、この2つがハリや弾力を不足させる原因なのです。

 

抗酸化

皮膚のたるみと肌の酸化は深く関係しています。抗酸化成分を活用して、肌弾力低下を根本的にケアすることを心がけましょう。

 

DMAE(ジメチルアミノエタノール)

たるみ改善の有効成分として最近注目を集めています。筋肉の緊張を高める作用により、リフトアップ効果が期待できます。

 

EGF(ヒトオリゴペプチド-1)

細胞を活性化させる働きがあり、エイジングケアではおなじみの美容成分です。たるみ以外にもシミや乾燥対策にも効果を発揮します。

 

コエンザイムQ10

強力な抗酸化作用をもつ成分です。過剰に増えた活性酸素の働きを和らげることで、肌老化の進行を食い止めます。

 

 

アイクリームの効果的な塗り方

アイクリームは塗り方によって効かない場合もあります。きちんとした塗り方をして目元をパッと明るい印象にしましょう(^▽^)/

 

  1. 力が入りすぎないようにアイクリームを中指か薬指の先端にのせます。
  2. ※そのときのアイクリームの量はほんの少しでOK!

  3. 必ず目尻から塗っていきましょう。
  4. 目尻から目の下を通ってそのままぐるりと目頭を通ります。
  5. そのまま目頭からこめかみに向かって伸ばします。

 

目元はとっても敏感です。強い力でアイクリームを塗ってしまうと毛細血管が傷ついてしまうので気を付けましょう!綿棒を使うと優しく丁寧に塗ることができるのでお勧めです。写真つきでより詳しく知りたい方はアイクリームの正しい使い方と塗り方をご覧ください。

 

 

勘違いしやすい効果

むくみには効果なし?

「むくみ」とは体内に水分や老廃物をためこんだ状態のことです。新陳代謝を高めることで血管やリンパの流れを促すしか改善方法はありません。中には「むくみに有効」と謳う商品もあるでしょうが、むくみを直接排除するような成分は一般的には配合されていません。

 

その代りにアイクリームを使って目元をやさしくマッサージすると、効率よくむくみを取ることができます。保湿や血行促進の有効成分が入ったものや、伸びのいいテクスチャーのアイクリームを選ぶといいでしょう。

 

二重にはならない

塗るだけで二重になるようなアイクリームはありません。接着効果で二重のクセつける商品はありますが、使用を中止すればもとに戻るので完全な二重にすることは難しいでしょう。

 

ただし、まぶたの脂肪やむくみが原因で一重になっている場合は、アイクリームでマッサージすることで二重になる可能性はあります。これは先ほどのむくみと同じで、マッサージによってまぶたをスッキリさせることが目的です。蒸しタオルと冷たいタオルを交互にあてる方法もおすすめです。

 

 

多角的ケアでムダなくキレイに

有効成分に着目して選べば、目元トラブルはアイクリームで解決できます。しかしこれは化粧品全般にいえることですが、「塗るだけ」で得られる効果はほんの少しです。

 

効果的なお手入れを意識するのであれば、生活習慣やスキンケアを見直すことも大切です。アイクリームに頼るだけでなく、多角的なケアで年齢に負けない目元をつくりましょう。

 

アイクリーム人気ランキングの商品紹介

関連ページ

正しい使い方
アイクリームの正しい使い方を順番に紹介します。目の周りは顔の中で最も皮膚が薄い部位なので、傷をつけない塗り方のコツは綿棒を用いることです。
オーガニック
オーガニックコスメと聞くと肌に優しい印象がありますが、誰にでも合うわけではありません。天然の成分だからこそ生じるデメリットも存在します。またオーガニックとは名ばかりのものもあるため、繊細な部分に使うアイクリームはとくに慎重に選びましょう。
いつから使うべきか
アイクリームを使い始めるタイミングは早ければ早いほど効果的です。理想は20代後半とされていますが、目元にトラブルがあらわれた時点ですぐに使い始めましょう。軽症であれば高価な成分は必要ないため、症状のレベルに合ったアイクリームを選びましょう。
代用品
身近なものをアイクリームの代わりに使うことは可能です。ただし、あくまで水分の蒸発を防ぐことが目的となります。保湿以外の美容効果を求める場合、代用品だけで補うことはできません。手軽に使用できる分、注意すべき点も理解して上手に活用してください。
選び方
しわ・たるみ・クマといった目元トラブルは、加齢とともにあらわれやすくなります。しかし老化現象だからとあきらめてしまうのは大変危険な行為、放置することは悪循環にしかなりません。それぞれの症状に効果的な成分を見極めてアイクリームを選んでください。
保湿クリームとの違い
「保湿」という点ではアイクリームも保湿クリームも同じですが、アイクリームに含まれる水と油の比率は皮脂に近いものです。配合成分に注意すればどちらを使っても構いませんが、アイクリームは目元のお手入れに慣れていない人でも使いやすいのが特徴です。