【肌トラブル別】アイクリームの選び方

目のまわりは年齢出やすく、何かしらのトラブルを抱えている人は多いものです。特に「しわ」「たるみ」「クマ」は放置していると深刻化しやすく、元の状態に戻すことすら難しくなります。悪循環を生み出すその前に、早い段階で的確に対処しましょう。

 

今回は目元の3大トラブルに焦点をあて、それぞれの症状に合わせたアイクリームの選び方をご紹介します。

 

しわ

角質層の水分不足による乾燥が主な原因です。加齢・紫外線・季節などで角質層の保水力は低下します。目のまわりの皮膚は水分量と皮脂量が少なく、ただでさえ乾燥に弱い部分です。乾燥がさらに進むと肌を守るために角質が硬くなり、キメを粗くしてしわをつくります。

 

有効成分

改善と予防のカギを握るのは、目元を充分に保湿することです。保湿といえばコラーゲンやヒアルロン酸などが主流ですが、他にどのような成分があるのでしょうか。

 

レチノール

真皮層に働きかけて弾力を生みだし、肌の代謝を活性化させます。刺激が強いため敏感肌は注意しましょう。

 

プロテオグリカン

もともと真皮層に存在する成分で、浸透力と保湿力に優れています。ターンオーバー促進や美白などの美容効果が期待できるため、さまざまな化粧品に使われています。

 

ステアリン酸コレステロール

水分をはさみこんで優れた保湿効果を発揮します。角質層の脂質となじみやすく、皮膚に膜をつくることでうるおいをキープします。

 

これらの有効成分を多く含んだ商品をしわにおすすめアイクリームランキングで紹介しています。

 

たるみ

目のまわりをドーナツ状に取り囲む「眼輪筋(がんりんきん)」が衰えると、目の下やまぶたがたるんで目元の弾力が失われます。「瞬膜不全(しゅんまくふぜん)」になると上下のまぶたが閉じられず、ドライアイや眼精疲労を引き起こす可能性もあるのです。また肌老化や紫外線による肌老化も、目元のたるみにつながります。

 

有効成分

肌内部への働きかけに注目し、細胞や筋肉に作用する成分を選びましょう。眼輪筋を鍛えるトレーニングをプラスするとさらに効果的です。

 

カルノシン

老化のもととなる「糖化」と「酸化」に有効です。細胞を修復する効果もあり、ほうれい線や肌のくすみにも効果的です。

 

DMAE(ジメチルアミノエタノール)

筋肉の収縮を促し、肌内部からたるみに働きかけます。低分子で浸透しやすく、血行促進作用による美肌効果も高いのが特徴です。

 

ビタミンC誘導体

美白のイメージが強いですが、コラーゲン生成をサポートする効果もあります。抗酸化力も高く、アンチエイジング全般に期待できます。

 

これらの有効成分を多く含んだ商品をたるみにおすすめアイクリームで紹介しています。

 

クマ

睡眠不足・冷え症・眼精疲労・ストレスなど原因はさまざまですが、いずれも「血行不良を招く」という点で共通しています。血流が悪くなると血管内は酸素不足になり、ヘモグロビンが黒っぽく変色します。手足が冷えて紫色になるのも同じメカニズムです。目の下の皮膚は非常に薄いため、血管が透けて青黒く見えるのです。

 

効果成分

血行不良によるクマには、血流を改善する成分がおすすめです。とくにアイクリームに配合されることの多い成分を挙げているので、ぜひ覚えておいてください。

 

トウキエキス

セリ科の植物「当帰(とうき)」から抽出される成分で、漢方薬として親しまれています。血行を促進させる効果があり、育毛剤や入浴剤にも用いられています。

 

トコフェロール

ビタミンEとも呼ばれており、血行を良くしてターンオーバーを整えます。抗酸化作用も高く、老化の原因となる活性酸素除去にも役立ちます。

 

ナイアシンアミド

血流改善・メラニン抑制・保湿効果など、肌トラブルに対してマルチに対応します。肌への刺激が比較的少ないので、敏感肌二も使いやすい成分といえます。

 

これらの有効成分を多く含んだ商品をくまにおすすめアイクリームで紹介しています。

 

若々しい目元は毎日の継続から

使いやすさやテクスチャー、香りもアイクリームを選ぶときの判断基準となります。毎日使うものですから少しでも心地いいものを選びましょう。

 

時間はかかりますが続けていれば症状は軽減していきます。年を重ねるごとに肌のトラブルは増えますが「老化現象だから仕方ない」と諦める必要はありません。

 

乾燥、筋肉、血流を意識したお手入れで、明るくハリのある目元を手に入れましょう。

関連ページ

効果
アイクリームには美肌や血行促進、美白、保湿、抗酸化など様々な効果があります。また正しく使うことで、しわやたるみ、くまに大きな改善が見られ、エイジングケア効果も期待できます。しかし、むくみや二重など勘違いしやすい効果もあるので注意が必要です。
正しい使い方
アイクリームの正しい使い方を順番に紹介します。目の周りは顔の中で最も皮膚が薄い部位なので、傷をつけない塗り方のコツは綿棒を用いることです。
オーガニック
オーガニックコスメと聞くと肌に優しい印象がありますが、誰にでも合うわけではありません。天然の成分だからこそ生じるデメリットも存在します。またオーガニックとは名ばかりのものもあるため、繊細な部分に使うアイクリームはとくに慎重に選びましょう。
いつから使うべきか
アイクリームを使い始めるタイミングは早ければ早いほど効果的です。理想は20代後半とされていますが、目元にトラブルがあらわれた時点ですぐに使い始めましょう。軽症であれば高価な成分は必要ないため、症状のレベルに合ったアイクリームを選びましょう。
代用品
身近なものをアイクリームの代わりに使うことは可能です。ただし、あくまで水分の蒸発を防ぐことが目的となります。保湿以外の美容効果を求める場合、代用品だけで補うことはできません。手軽に使用できる分、注意すべき点も理解して上手に活用してください。
保湿クリームとの違い
「保湿」という点ではアイクリームも保湿クリームも同じですが、アイクリームに含まれる水と油の比率は皮脂に近いものです。配合成分に注意すればどちらを使っても構いませんが、アイクリームは目元のお手入れに慣れていない人でも使いやすいのが特徴です。