オーガニックアイクリームの長所と短所

目のまわりは顔の中で最もデリケートな部分です。アイクリームには即効性を求めがちですが、低刺激であることが第一です。肌への優しさを考えたとき、オーガニックコスメを挙げる人は多いのではないでしょうか。

 

たしかに「オーガニック」という言葉には不思議と安心感があります。しかし必ずしも肌に良いとは限らず、かえってトラブルの原因となる場合もあるのです。本当に安心して使えるアイクリームを選ぶために、まずオーガニックコスメの正しい知識を身につけましょう。

 

 

オーガニックの定義

化学肥料や農薬を使わず、自然に近い状態で有機栽培された作物や畜産物を「オーガニック」といいます。オーガニックコスメとは一般的に、オーガニック植物を主原料にした化粧品を指します。

 

しかし日本には化粧品のオーガニック基準を定める法律がありません。メーカーの判断にまかされてるため、オーガニックコスメとは名ばかりの商品も存在します。

 

対する欧米には「ECOCERT(エコサート)」や「NATRUE(ネイトゥルー)」など複数の認証機関があります。天然成分の配合率など細かく制定していますが、団体によってその基準が微妙に異なるため、2017年に統一基準「COSMOS(コスモス)」が実施されるようになりました。

 

 

オーガニックのメリット

バリア機能を高める

肌そのものを健康にすることがオーガニックコスメの目的です。植物がもつ殺菌力や抗酸化力を取りいれ、トラブルが起きにくい肌をつくります。古くからあるヨモギや米ぬかの化粧品もこれに当てはまります。ケミカルコスメで招きやすい悪循環を断ち切るきっかけにもなり、結果的にバリア機能の回復が期待できるのです。

 

アロマの癒し効果

有効成分として配合されることの多い精油は、美肌効果だけでなく香りによるリラックス作用もあります。精油の分子は非常に揮発しやすいため、皮膚だけでなく鼻からも体内に吸収されます。血液やリンパ液を介して全身を循環し、ストレスの緩和・ホルモンバランスの調整・免疫力の改善などの効果をもたらすとされています。ちなみに刺激が強く危険なので、精油の原液を直接皮膚につけないでください。

 

自然環境にやさしい

オーガニックの基本的な考え方は、地球環境や生態系を守ることです。そのためオーガニックコスメブランドの多くがエコ運動に積極的です。自然を汚染しない製造方法・環境保全・フェアトレード・動物実験の不実施など、さまざまな活動に取り組んでいます。オーガニックコスメを使うことで自然環境に配慮しているという点で、これもメリットの一つといえるでしょう。

 

オーガニックのデメリット

値段が高い

有機栽培は手間や時間がかかるため、必然的に値段が高くなります。オーガニックコスメは長期間使ってこそ効力を発揮するものですが、高額すぎると継続するのが大変です。ケミカルコスメのような即効性がないことも、割高に感じさせる要因かもしれません。

 

使用期限が短い

天然由来の防腐剤を配合している場合、一般的な化粧品よりも劣化のスピードが早くなります。パッケージに記載されてている使用期限をチェックしてください。とくにアイクリームは水分も油分も多く、非常にデリケートです。保管方法に注意して、なるべく早めに使い切るようにしましょう。

 

アレルギーのリスクがある

オーガニックコスメには何種類もの植物エキスが使われており、原料が多いほどアレルギーが発症しやすいと言われています。また天然成分だからといって誰にでも合うわけではありません。オーガニックコスメに切り替えたら肌荒れするようになった、という人は意外とたくさんいます。アトピー体質や敏感肌は使用を控え、できれば敏感肌におすすめのアイクリームを選んだ方がいいでしょう。

 

 

オーガニックの「根拠」で見極める

オーガニックコスメを選ぶときは、何を基準にオーガニックとしているかを確認します。信念をもって商品を開発しているメーカーなら、公式HP上で詳細に説明しています。

 

さらに一歩踏み込んだ見極め方をするなら、オーガニック成分の配合率にも注目してみてください。配合率が記載されていなければ、原材料欄の最初の方にオーガニック原料が表示されているか見てみましょう。

 

そしてもっとも重要なことは、オーガニックコスメを過信しないことです。トラブルなく使い続けているなら、無理にオーガニックアイクリームに切り替える必要はありません。ブランドやキャッチコピーに惑わされず、自分に合ったアイクリームを選んでください。

 

オーガニックアイクリームの紹介

前述の通りオーガニックアイクリームが必ずしも良いとは限りませんが、せっかくなのでいくつかブランドを紹介しておきます。

 

 

アイクリーム人気ランキングの商品紹介

関連ページ

効果
アイクリームには美肌や血行促進、美白、保湿、抗酸化など様々な効果があります。また正しく使うことで、しわやたるみ、くまに大きな改善が見られ、エイジングケア効果も期待できます。しかし、むくみや二重など勘違いしやすい効果もあるので注意が必要です。
正しい使い方
アイクリームの正しい使い方を順番に紹介します。目の周りは顔の中で最も皮膚が薄い部位なので、傷をつけない塗り方のコツは綿棒を用いることです。
いつから使うべきか
アイクリームを使い始めるタイミングは早ければ早いほど効果的です。理想は20代後半とされていますが、目元にトラブルがあらわれた時点ですぐに使い始めましょう。軽症であれば高価な成分は必要ないため、症状のレベルに合ったアイクリームを選びましょう。
代用品
身近なものをアイクリームの代わりに使うことは可能です。ただし、あくまで水分の蒸発を防ぐことが目的となります。保湿以外の美容効果を求める場合、代用品だけで補うことはできません。手軽に使用できる分、注意すべき点も理解して上手に活用してください。
選び方
しわ・たるみ・クマといった目元トラブルは、加齢とともにあらわれやすくなります。しかし老化現象だからとあきらめてしまうのは大変危険な行為、放置することは悪循環にしかなりません。それぞれの症状に効果的な成分を見極めてアイクリームを選んでください。
保湿クリームとの違い
「保湿」という点ではアイクリームも保湿クリームも同じですが、アイクリームに含まれる水と油の比率は皮脂に近いものです。配合成分に注意すればどちらを使っても構いませんが、アイクリームは目元のお手入れに慣れていない人でも使いやすいのが特徴です。