アイクリームはいつから使うべきか?BAが徹底解説!

アイクリームはエイジングケアとしての印象が強い化粧品です。他のケア用品よりも高額なものが多く、若い世代にはあまり馴染がないかもしれません。しかしいつかはお世話になるであろうアイテムです。そこで今回は「いつ頃から使うべきか」にスポットを当て、使い始めるタイミングについて解説します。

 

 

理想は20代後半から

結論から言うと「20代後半」を目安に使い始めるのが理想的です。よく耳にする「お肌の曲がり角」にはホルモンが大きく関係しています。美肌をつくる女性ホルモンは20代半ばから減少し、それと比例して肌に老化現象があらわれるようになります。目元の悩みがないと実感がないかもしれませんが、トラブルが表面化する前にケアしておけば、肌老化を遅らせることができるのです。

 

 

気づいたときがタイミング

しかし実際のところ、目元にトラブルが発生してから使い始めるケースがほとんどではないでしょうか。しわ、シミ、クマなどの予備軍を見つけたら、その瞬間からアイクリームを使用しましょう。対処が早いほど効果が出やすくなります。つい落ち込むかもしれませんが、気持ちを切り替えてケアしましょう。

 

また最近はパソコンやスマホで目を酷使することが多く、目元トラブルの若年化が年々進んでいます。何かしらの症状を感じたら、年齢問わずにアイクリームデビューです。20代後半まで待つ必要はありません。

 

 

年代別でみる最適なアイクリーム

エイジングケア成分は効果が高いものが多いですが、値段も高くなる傾向があります。症状がまだ軽いのであれば、高価なアイクリームでなくても構いません。もちろん使っても問題ありませんが、毎日使うことを考えると購入のしやすさも選択基準に入れるべきです。

 

 

20代(トラブルなし)

目立った症状にない若い肌には、保湿メインのアイクリームを選びましょう。表皮の水分蒸発を防ぐ「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」配合のものがおすすめです。プチプラコスメにも含まれる保湿成分なので、取りいれやすいのが特徴です。
>>20代に人気のアイクリームランキング

 

30代(ちょっとしたトラブルあり)

小じわが気になりはじめる30代には、さらなる保湿ケアが必要となります。「セラミド」「レシチン」など、一歩踏み込んだ保湿成分でしっかり乾燥対策しましょう。色素沈着には「プラセンタ」「ビタミンC誘導体」が有効です。
>>30代に人気のアイクリームランキング

 

40代以降(すでにトラブルあり)

この世代になると年齢肌が深刻化しやすくなるため、エイジングケア成分を使用した本格的なお手入れを開始しましょう。とくに肌の再生力を高める「EGF」や「FGF」が代表的です。「アスタキサンチン」「コエンザイムQ10」といった抗酸化成分も美肌効果が期待できます。
>>40代に人気のアイクリームランキング

 

 

早めのケアが明るい目元をつくる

目元はメイクやクレンジングなどで負担がかかりやすい部分です。さらに紫外線、摩擦、眼精疲労、生活習慣などの影響もあり、私たちが思っている以上にダメージを受けています。

 

何度も口うるさく言いますが、早い段階でのケアが肝心です。数年後も若々しい目元を保つためにも、その日受けたダメージはすぐに無効化する習慣をつけしましょう。

 

アイクリーム人気ランキングの商品紹介

関連ページ

効果
アイクリームには美肌や血行促進、美白、保湿、抗酸化など様々な効果があります。また正しく使うことで、しわやたるみ、くまに大きな改善が見られ、エイジングケア効果も期待できます。しかし、むくみや二重など勘違いしやすい効果もあるので注意が必要です。
正しい使い方
アイクリームの正しい使い方を順番に紹介します。目の周りは顔の中で最も皮膚が薄い部位なので、傷をつけない塗り方のコツは綿棒を用いることです。
オーガニック
オーガニックコスメと聞くと肌に優しい印象がありますが、誰にでも合うわけではありません。天然の成分だからこそ生じるデメリットも存在します。またオーガニックとは名ばかりのものもあるため、繊細な部分に使うアイクリームはとくに慎重に選びましょう。
代用品
身近なものをアイクリームの代わりに使うことは可能です。ただし、あくまで水分の蒸発を防ぐことが目的となります。保湿以外の美容効果を求める場合、代用品だけで補うことはできません。手軽に使用できる分、注意すべき点も理解して上手に活用してください。
選び方
しわ・たるみ・クマといった目元トラブルは、加齢とともにあらわれやすくなります。しかし老化現象だからとあきらめてしまうのは大変危険な行為、放置することは悪循環にしかなりません。それぞれの症状に効果的な成分を見極めてアイクリームを選んでください。
保湿クリームとの違い
「保湿」という点ではアイクリームも保湿クリームも同じですが、アイクリームに含まれる水と油の比率は皮脂に近いものです。配合成分に注意すればどちらを使っても構いませんが、アイクリームは目元のお手入れに慣れていない人でも使いやすいのが特徴です。