アイクリームを代用するのにおすすめのアイテム

基礎化粧品の中でもアイクリームはとくに高価です。別のもので代用できたら便利なのに、と思う人も多いでしょう。そこでアイクリームの主な役割である「保湿」に着目し、アイクリームの代用品として使えそうなおすすめアイテムをいくつかピックアップしました。注意点もチェックしながらぜひ試してみてください。

 

リップクリーム

香料や着色料、メントールが入っていないものであれば代用可能です。シアバター・ホホバオイル・ローヤルゼリーなど、ナチュラルな素材ならより低刺激です。やわらかいテクスチャーなら肌に直接伸ばせますが、つけ過ぎるとメイクが崩れやすくなるので少量を薄くなじませましょう。

 

ワセリン

表皮に保護膜をつくることで目元の乾燥を防ぎます。不純物が多いと酸化しやすくなるため、純度の高いものを選びましょう。肌の上で直に伸ばすとシワやたるみの原因になります。体温で柔らかくしてから塗ってください。仕上げに軽くティッシュで押さえておくと、べたつきが気になりません。

 

オイル

アルガンオイル・スクワランオイル・ココナッツオイル・馬油などもおすすめです。ベタベタせず浸透しやすいものが使いやすいです。手のひらで温めてから、目のまわりを優しく覆うようにつけます。紫外線の影響を受けてしまうオイルもあるので、日中使用する場合は日焼け止めを塗ってください

 

その他の基礎化粧品

乳液やフェイスクリームなどの基礎化粧品も、薄く目元にのせるて代用できます。美容成分が高濃度で含まれているものもあるため、配合成分をあらかじめ確認しておきましょう。とくにハイドロキノンやビタミンC誘導体は、刺激が強いので注意が必要です。さっぱり系のオールインワン化粧品は乾燥しやすくなるので、油分が多めのものを選んでください。

 

アイクリームにしかできないこともある

リップクリームやワセリンなどの代用品は「油分でフタをする」という点で保湿できます。化粧水や美容液でしっかり保湿してから使用しましょう。また乾燥を防ぐ以外の効果は期待できません。美白やエイジング機能を求めるなら有効成分は必須となります。

 

アイクリームはたしかに割高に感じる化粧品ですが、代用品だけで解決できないこともあります。また「アイクリームでお手入れしている」と意識して使うことで、美容のモチベーションも上がるはずです。本気で目元のトラブルを改善したいときは、アイクリームの使用をおすすめします。

 

アイクリーム人気ランキングの商品紹介

関連ページ

効果
アイクリームには美肌や血行促進、美白、保湿、抗酸化など様々な効果があります。また正しく使うことで、しわやたるみ、くまに大きな改善が見られ、エイジングケア効果も期待できます。しかし、むくみや二重など勘違いしやすい効果もあるので注意が必要です。
正しい使い方
アイクリームの正しい使い方を順番に紹介します。目の周りは顔の中で最も皮膚が薄い部位なので、傷をつけない塗り方のコツは綿棒を用いることです。
オーガニック
オーガニックコスメと聞くと肌に優しい印象がありますが、誰にでも合うわけではありません。天然の成分だからこそ生じるデメリットも存在します。またオーガニックとは名ばかりのものもあるため、繊細な部分に使うアイクリームはとくに慎重に選びましょう。
いつから使うべきか
アイクリームを使い始めるタイミングは早ければ早いほど効果的です。理想は20代後半とされていますが、目元にトラブルがあらわれた時点ですぐに使い始めましょう。軽症であれば高価な成分は必要ないため、症状のレベルに合ったアイクリームを選びましょう。
選び方
しわ・たるみ・クマといった目元トラブルは、加齢とともにあらわれやすくなります。しかし老化現象だからとあきらめてしまうのは大変危険な行為、放置することは悪循環にしかなりません。それぞれの症状に効果的な成分を見極めてアイクリームを選んでください。
保湿クリームとの違い
「保湿」という点ではアイクリームも保湿クリームも同じですが、アイクリームに含まれる水と油の比率は皮脂に近いものです。配合成分に注意すればどちらを使っても構いませんが、アイクリームは目元のお手入れに慣れていない人でも使いやすいのが特徴です。