目元のエイジングケアにおすすめのアイクリーム

エイジングケア

 

エイジングケアの必需品といえば、アイクリームを思い浮かべるのではないでしょうか。それは目元の印象で見た目年齢を大きく左右するからです。メーカーによって多少の違いはあれど、アイクリームの多くが年齢肌向けにつくられています。

 

しかし価格の割に量が少ないため、アイクリームの必要性に疑問を感じる人もいるかもしれません。エイジング対策としていかなる効果をもたらすのか、目元の構造とアイクリームの特性に焦点を当てて掘り下げてみましょう。またエイジングケアにおすすめのアイクリームを紹介していますので、アイクリーム選びに悩んでいる人は参考にしてください。

 

 

 

 

エイジング対策にアイクリームを取り入れる理由

目元は老化スピードが速い

目のまわりの皮膚は頬と比べ、およそ1/3ほどの厚みしかありません。皮脂腺や汗腺もほとんどなく、非常に乾燥しやすいパーツです。さらに無意識で行うまばたきや、アイメイクによる刺激など、日常的に負担がかかる場所でもあります。

 

そのためデリケートな構造をもつ目元は、他の部位よりも早く肌が老化します。肌老化が進むと、コラーゲンの減少や筋肉の衰え、肌が痩せる「菲薄化(ひはくか)」が生じます。ただでさえダメージを受けやすい目元ですから、より丁寧なケアを必要とするのです。

 

年齢肌にも安心して使える

スキンケアの基本となる保湿はフェイスクリームでも代用可能です。ただし有効成分を含んでいない場合もあり、自力で見極める知識を要します。エイジングケアとして不十分なだけでなく、年齢を重ねた肌には刺激が強くリスキーです。

 

その点、アイクリームは目元の環境を考慮してつくられています。保湿成分もさることながら、皮脂と似たバランスで水と油を含んでいるため、効果的にバリア機能を回復できます。メイクの上から使えるタイプも多く、こまめに水分補給できるところもポイントです。

 

>>目次に戻る

 

 

おすすめのエイジングケア成分

保湿成分

保湿というとヒアルロン酸やセラミドなどが有名ですが、年齢肌にぜひ使ってほしいのがアミノ酸の一種「アセチルヒドロキシプロリン」です。コラーゲンの主要成分で、肌の弾力や柔軟性を改善します。皮膚からの吸収率が高く変質しにくいので、保湿目的として化粧品に配合されることが多いです。

 

抗酸化成分

数ある抗酸化成分の中でも、「アスタキサンチン」は光老化の元となる一重項酸素(いちじゅうこうさんそ)に対抗できる貴重な存在です。細胞の損傷や炎症を抑える作用も期待できるため、さまざまな肌トラブルに対して多角的にアプローチできます。低刺激かつ低アレルギーで、敏感肌の人も使いやすい成分です。

 

美白成分

米ぬか由来の天然ポリフェノール「フェルラ酸」は、メラニン色素を生成するチロシナーゼという酵素に働きかけます。紫外線の吸収を抑える効果や抗酸化作用も高く、美白とエイジングケアの両方を兼ね備えた成分として最近注目を集めています。ビタミンCやEと一緒に使うとより効果的です。

 

>>目次に戻る

 

 

エイジングケアにおすすめのアイクリーム

エイジング用化粧品を選ぶうえで重視すべきことは、配合されている美容成分に効果や安全性のエビデンスがあるか否かです。若い頃のようにバリア機能が正常に働いていれば、そこまで成分にこだわらなくてもいいでしょう。

 

しかしエイジングサインがすでに現れている肌には、機能性の高い成分が必要となります。有効成分の含有量、品質、使い心地の良さなども併せてチェックしてみてください。

 

目元は年齢が出やすい部分です。深刻化する前に、アイクリームの有効成分でしっかりケアしましょう。

 

B.A ザ アイクリーム

B.A ザ アイクリーム

 

まずエイジングケアで最初におすすめしたいのがB.A「ザ アイクリーム」です。B.AはPOLAの高級ブランドで、40代から50代の女性に人気のあるアイクリームです。少しお金を出しててでも本気でエイジングケアしたい人におすすめです。

 

値段が高いだけでなく、その効果も抜群です。アットコスメでの口コミでは「ハリが出てきて」たるみが解消して、シワも目立たなくなったという高評価がたくさんあります。詳しくはB.Aのアイクリームの効果と口コミをご覧ください。

 

>>BA公式サイトはこちら

 

 

Attenir アイ エクストラ セラム

アイ エクストラ セラム

 

次はAttenir(アテニア)の目元美容液「アイ エクストラ セラム」です。美容液と言うとトロっとした液体を思い浮かべると思いますが、本品はクリーム状で一般的なアイクリームと全く同じ使用方法です。お手頃価格なのでエイジングケア初心者におすすめです。

 

おすすめする理由は、口コミでの評価もさることながら、実際に乾燥肌の私が使って「あ、これいいわ」と感じたからです(笑)。自分が使って効果を実感したものだから、同じ乾燥肌の人にもぜひ使ってみてもらいたい!

 

1本3,000円と値段もまずまずですが、アイクリーム現品に同ブランドの『エイジングケアライン ドレスリフト 14日間セット』がついて3,291円(税込・送料無料)で購入できます。詳しくはアイ エクストラ セラムの効果と口コミをご覧ください。

 

>>アテニア公式サイトはこちら

 

 

b.glen トータルリペア アイセラム

ビーグレンの「トータルリペア アイセラム」

 

最後はb.glen(ビーグレン)の「トータルリペア アイセラム」です。美容成分をナノレベルまで縮小したカプセルに包み込む技術「QuSome(キューソーム)」により、美容成分を皮膚の深層まで素早く浸透させることができ、さらに長時間持続させることを可能としました。これにより、一般的な化粧品よりもハイパフォーマンスな効果を得ることができます。

 

アイセラム単品でも購入できますが、ビーグレンはライン使用で効果を最大限に発揮します。最初は目元ケアセット(洗顔料・化粧水・美容液・目元美容液・クリーム)のお試しセットが1,800円(税抜)で用意されています。詳しくはビーグレン目元ケアセットの効果と口コミをご覧ください。

 

>>ビーグレン公式サイトはこちら

 

アイクリーム人気ランキングの商品紹介

関連ページ

しわ
目尻や目頭のしわにおすすめアイクリームをランキング形式で紹介します。なぜアイクリームがしわに効くのか、3種類の皺の原因と効果的な成分を基に解説します。年代別のしわ攻略法で乾燥を防いでハリのある目元を目指しましょう。
たるみ
目の下や瞼のたるみに効果のあるおすすめのアイクリームを紹介します。また、目元がたるむ原因、涙袋と目袋の違い、アイクリームがたるみに効果ある理由も解説します。眼輪筋を鍛えることで効果が倍増します。
乾燥肌
乾燥肌の人は目元とまぶたに小じわ・くまができやすいので、アイクリームで潤いを与える必要があります。目の周りが乾燥する人におすすめの人気アイクリームを紹介します。また、肌が乾燥するメカニズム、潤いに必要な三大保湿因子、4タイプのセラミド、生活改善の必要性も解説します。
くま
目の下のクマにおすすめのアイクリームを紹介します。またクマの種類(青・茶・黒)を解説し、それぞれの原因と有効成分もまとめています。効果抜群のアイクリームを使うだけでなく、クマを作らない習慣を身につけることも大事です。
くすみ
くすみ解消におすすめのアイクリームを紹介します。目のまわりにできるくすみと色素沈着は似て非なるもので、原因や特徴が異なります。まずは原因を把握して、それに効く有効成分配合のアイクリームを取りいれましょう。
美白
美白ケアにおすすめのアイクリームを紹介します。メラニンは4段階のプロセスを経てつくられます。美白成分によってメラニンへの働きかけ方が異なるため、美白用アイクリームを選ぶときは各成分の得意分野をヒントにしましょう。どの過程でどのように作用するかを理解すれば、より効果的に美白ケアできます。
敏感肌
しわにも効果がある敏感肌におすすめのアイクリームを紹介します。目元は顔の中で最も皮膚が薄くデリケートです。特に敏感肌の人は肌に優しセラミドやコラーゲンなどの保湿成分を取りいれるとともに、配合成分ができるだけ少ないアイクリームを選ぶことが重要です。
メンズ
男性でも買いやすく効果抜群のアイクリームをお勧め順にして紹介します。キールズやクリニーク、資生堂、ランコム、ニベア、クラランスなどメジャーなコスメなどから厳選したランキングです。
むくみ目
起床時の「むくみ目」は血行不良によって引き起こされます。改善にはマッサージやツボ押しが有効ですが、アイクリームを利用すればさらに効率的です。むくんだ皮膚は乾燥しやすく、乾燥はさらなるむくみを招きます。アイクリームの保湿力で悪循環を断ち切ります。
疲れ目
目のまわりの筋肉を酷使することで生じる疲れ目は、しわやたるみなどの肌老化だけでなく眼精疲労にもつながります。そこでおすすめなのが、アイクリームを使ったマッサージで筋肉をほぐす方法です。保湿・血行促進といった有効成分で効率よく改善しましょう。
体験談
一般女性に市販や通販で購入したアイクリームを使った体験談をまとめています。肌質ごとの悩み、アイクリームを使い始めたきっかけ、使った感想、どういう人におすすめかなどを紹介します。