クマに効果抜群なおすすめアイクリーム

目元のクマ

 

目元のクマは今まで誰でも気になったことがあると思います。若いうちは気にならない目元のクマも、年齢を重ねるごとに消えにくくなります。クマがあるとなんだか不健康に見えてしまうし、老けて見えたりするんですよね泣。

 

最近は男の人でもクマに悩む人が多く、男性向けのクマ対策も注目されているようです。とくに男性はスキンケアの習慣がない人が多く、悪化したクマが定着することも珍しくありません。すでにクマがあるなら、アイクリームを使ったケアがおすすめです。

 

女性が使うイメージが強いかもしれませんが、アイクリームは繊細な目元のためにつくられたアイテムです。お手入れに不慣れな人でも使いやすく、クマを効率よく改善できます。いつまでも若々しくいるためには、今抱えている肌トラブルと向き合うことも必要です。クマの原因を特定し、アイクリームでしっかりケアしていきましょう。

 

 

 

3種類のクマの見分け方

「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3つのタイプがあります。まず目の下を軽く引っ張ってみてください。

 

クマが薄くなったら「青クマ」か「黒クマ」のどちらか、変わらなければ「茶クマ」です。「黒クマ」は鏡で上から見たときに目立たなくなります。

 

>>目次に戻る

 

 

クマの原因と有効成分

青クマ

男性に多いのがこのタイプで、主に血行不良によって現れます。喫煙、睡眠不足、疲れなどのより血流が悪くなると、血管内の酸素が不足して血液が黒ずみます。目の下の皮膚は非常に薄いため、透けて青黒っぽく見えるのです。

 

青クマに有効な成分

アイクリームを選ぶ際は、血行促進作用をもつ成分に注目しましょう。天然由来の「グルコシルヘスペリジン」は、血流の改善や血管を強化する働きがあります。くすみにも高い効果を示すため、口紅にも利用されることの多い成分です。

 

「ビタミンE誘導体(トコフェロール)」は血管拡張作用があるとともに、表皮のセラミドを増やします。乾燥から肌を守りバリア機能を高め、その効果は「若返りのビタミン」とも呼ばれるほどです。

 

茶クマ

皮膚は外から刺激を受けると、メラニン色素をつくり出して肌を守ろうとします。代謝機能が働いていれば自然に剥がれ落ちますが、うまくいかないと茶色く沈着します。また過剰に紫外線を浴びることや、目のまわりを擦りすぎることも症状を悪化させます。

 

茶クマに有効な成分

改善のカギとなるのは「新陳代謝の正常化」です。「レチノール」はターンオーバーを高め、メラニン色素の排出を促します。白効果にも優れており、シミの改善も期待できます。

 

「プラセンタ」も代謝をアップさせる成分です。NMFという天然保湿成分の主原料となるアミノ酸が豊富で、保湿効果も得られます。

 

黒クマ

皮膚の凹凸が影をつくり、黒くくすんで見える状態です。肌弾力の低下、目元の筋肉の衰え、乾燥などの要因で、目袋やくぼみが形成されます。彫りの深い顔立ちにもできやすいのが特徴です。

 

黒クマに有効な成分

他のクマと違い、血行や代謝を促進しても改善はされません。目のまわりの筋力トレーニングと、リフトアップ作用をもつ成分の合わせ技がもっとも効果的です。

 

たるみにアプローチするなら、筋肉の収縮を助ける「DMAE」配合のものを選びましょう。ゆるんだ筋肉を引き締め、目元にハリを取り戻します。「ナイアシナミド(ニコチン酸アミド)」は、乾燥でくすんでしまった肌を保湿します。保水力が高まり、うるおいをキープすることができます。

 

>>目次に戻る

 

 

アイクリームがくまに効く理由

アイクリームには潤いや美白効果の高い成分が多く含まれています。また肌のダメージを緩和するだけでなく、ふくらみを与えることでたるみ解消にもつながります。こうした効果が目の下のクマの改善につながります。

 

一般的な化粧品にも同様の効果が含まれるものが多いですが、アイクリームは目元の薄い肌に朝夜2回つけても大丈夫なように、肌に優しく作られているのが特徴です。

 

>>目次に戻る

 

 

くま対策におすすめのアイクリーム

アイクリームは高価なものが目立っているイメージですが、プチプラが人気で、しっかりと効果が得られるものも売っています。目元の悩み全般のアイクリームランキングは当サイトトップページで紹介しているので、ここではくまに最も効果のあるアイクリームを一品ご紹介します。

 

アイキララ

 

注射ではありません!

 

これは「アイキララ」というアイクリームです。変わった形状をしていますが、ワンプッシュでちょうど一回分が出るような構造になっており、塗りすぎたり足りなかったりする問題を解決してくれます。

 

アイキララの良いところは他のアイクリームよりもビタミン誘導体が多く含まれており、血行を良くしたり、肌に潤いを与えたり、コラーゲン増加効果でふっくらしたりすることです。その結果、目の下のくまが薄くなったり、綺麗に消えることもあるわけです。

 

<Before>

男のアイクリーム使用前

 

↓↓↓

 

<After>

男のアイクリーム使用後

 

また、1カ月分で3,000円と比較的安いお値段です。これをプチプラと言うかどうかは人によると思いますが、くまへの効果を考えればコスパ良好で大人気のアイクリームです。この商品の詳細はアイキララの効果と口コミを参考にしてください。

 

>>EYE KIRARA公式サイトはこちら

 

>>目次に戻る

 

 

クマをつくらない習慣

目の下の皮膚は、少しの刺激でもダメージを受けやすい場所です。アイクリームは肌にのせるようにつけ、滑らせるように馴染ませてください。テクスチャーが柔らかいので、ツボ押しやマッサージにも最適です。塗った後に蒸しタオルをあてると、有効成分が浸透しやすくなり血行も改善されます。

 

くま改善に効果的なアイクリームの塗り方

アイクリームの塗り方

 

  1. アイクリームを少量取り、まぶたの上に2箇所、目の下に4箇所おきます。
  2. 目頭になじませるイメージで目尻から目の下に向かって、指のお腹を使って伸ばしていきます。
  3. 片手で中指と薬指を使って目尻部分を広げます。もう一方の手で目尻のしわやたるみなど気になる箇所になじませます。
  4. 最後に、目尻の下から目頭に向かって指を優しく滑らせて、目頭で少し手を止めましょう。そのあとに、目頭から瞼の上を通り、目元を引き上げるようにこみかめを押さえます。

 

この手順は耳のリンパに老廃物を流しています!そうすることによって。目の下のくまやたるみが解消されるのでしっかりとした手順で行いましょう。

 

継続こそ大事

毎日するのは大変かもしれませんが、継続することでクマは確実にできにくくなります。表情を曇らせていたクマが薄くなれば、鏡を見るのもだんだん楽しくなるはずです。アイクリームでできるクマ対策、ぜひ今日から始めてみてください。

 

>>目次に戻る

 

 

アイクリーム人気ランキングの商品紹介

関連ページ

しわ
目尻や目頭のしわにおすすめアイクリームをランキング形式で紹介します。なぜアイクリームがしわに効くのか、3種類の皺の原因と効果的な成分を基に解説します。年代別のしわ攻略法で乾燥を防いでハリのある目元を目指しましょう。
たるみ
目の下や瞼のたるみに効果のあるおすすめのアイクリームを紹介します。また、目元がたるむ原因、涙袋と目袋の違い、アイクリームがたるみに効果ある理由も解説します。眼輪筋を鍛えることで効果が倍増します。
乾燥肌
乾燥肌の人は目元とまぶたに小じわ・くまができやすいので、アイクリームで潤いを与える必要があります。目の周りが乾燥する人におすすめのアイクリームと人気ランキングを紹介します。
くすみ
くすみ解消におすすめのアイクリームを紹介します。目のまわりにできるくすみと色素沈着は似て非なるもので、原因や特徴が異なります。まずは原因を把握して、それに効く有効成分配合のアイクリームを取りいれましょう。
敏感肌
しわにも効果がある敏感肌におすすめのアイクリームを紹介します。目元は顔の中で最も皮膚が薄くデリケートです。特に敏感肌の人は肌に優しセラミドやコラーゲンなどの保湿成分を取りいれるとともに、配合成分ができるだけ少ないアイクリームを選ぶことが重要です。
メンズ
男性でも買いやすく効果抜群のアイクリームをお勧め順にして紹介します。キールズやクリニーク、資生堂、ランコム、ニベア、クラランスなどメジャーなコスメなどから厳選したランキングです。
むくみ目
起床時の「むくみ目」は血行不良によって引き起こされます。改善にはマッサージやツボ押しが有効ですが、アイクリームを利用すればさらに効率的です。むくんだ皮膚は乾燥しやすく、乾燥はさらなるむくみを招きます。アイクリームの保湿力で悪循環を断ち切ります。
疲れ目
目のまわりの筋肉を酷使することで生じる疲れ目は、しわやたるみなどの肌老化だけでなく眼精疲労にもつながります。そこでおすすめなのが、アイクリームを使ったマッサージで筋肉をほぐす方法です。保湿・血行促進といった有効成分で効率よく改善しましょう。
エイジングケア
目元のエイジングケアにおすすめのアイクリームを紹介します。目のまわりの皮膚はデリケートな構造で、他の部位よりも老化スピードが早くなります。加齢により環境はさらに悪化するため、アイクリームを使って慎重なお手入れが必要です。
体験談
一般女性に市販や通販で購入したアイクリームを使った体験談をまとめています。肌質ごとの悩み、アイクリームを使い始めたきっかけ、使った感想、どういう人におすすめかなどを紹介します。